忍者ブログ
感情に生きられない。 謙虚に生きられない。 論理に生きられない。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 
前巻よりグロさ10倍でお送りしております。
 
グロスの宣伝になれそうなほどツヤッツヤグロッシーな唇の英悟さんと歯のホワイトニングの宣伝に出れそうなほどの白く歯並びの良い神酒さんが表紙。
 
 
上巻のあらすじ解説ページ、『……というヤクザ風の男・陳の誘いにのり』……って、陳は別人だから!それは、ジャバザハットっぽい口臭きつい人だから!陣さん一応イケメンの伊達男枠だから!
かわいそすぎる間違え方すんなよ!!
 
神酒さん、とても良い方ね。
キャラとしては達磨ハンが一番近い感じだけど、達磨ハンにはない器用さとかソフトさみたいなのも持ち合わせてる感じ。
髪は刈り上げてたであろう達磨ハンと違って、あのサラッサラの髪型、絶対手間かかってるよね。
 
英悟も陣も魅力的ですが好みでいうとやっぱ神酒が一番すきかなー。
 
神酒タン、なんかほんのり汗の香りがしそう、でも汗くさいってんじゃなくて好ましい、みたいなイメージが勝手にある。
 
神酒タン、19歳の頃はまさかの大学生。家族もフツーにいたっぽい。狂犬度も今ほどじゃないし、お鼻の切り傷もない様子。
 
飛び甚パパの系譜に連なるの老害フェイスと『樹海』のマスターの後ろ髪を持つ男、金魚! 特技は一人SAW!!
 
しかし、読者は金魚さんの両脚なんかよりデルタ地帯の方が気になってくるハズだ。
 
金魚さんの陰毛見ると、飛び甚パパの陰毛見れたような錯覚に陥って嬉しくなるよね。(ポリアンナ症候群)
 
英悟の股旅ルック、次郎長放浪記コスっぽいのも嬉しい。
 
「や…薬師丸…お前が相手――!!!」のコマの薬師丸、デラベッピン。
 
陣さん、良いキャラなんだけど、タンクロウと違って英悟を何とも思ってないのが、「ああ、この人タンクロウと違うんだ」っていつも感じちゃうのよねえ。陣さんが悪いわけじゃないんだけど。いや、陣さんは悪いけど。
 
……と思ってたら矢印が神酒タンに向いてた!裏園ではかなりのストーカーっぷりだ!
 
「必ずや…良いご報告ができましょう」 陣さん!そんなことしたらアンタの中に秘められたタンクロウDNAが覚醒してしまうで!!
 
あからさまに「凌ぎの哲」の常恩っぽい禰宜も常恩と同じくトラウマ持ち。悪い奴にも悪くなるだけの動機があるっていう朽葉先生の脚本は好きですね。
 
「これを見ろ!!」陣さんのその傷もすげー気になるけど、その直前に点描っぽいのがすげー気になる。
 
陣さん、クールで打算的なキャラっぽかったけど、最後で情念キャラ、被虐キャラに変化しちゃって、「やはり隠されたタンクロウのDNAが発現してしまったか……」って呟いた。
 
「この疵を刻ませた相手で今…」のコマの陣さん、デラベッピン。
 
このボルテージマックスの四人で……、賭け種目は手本引きで……、原先生と朽葉先生のタッグで……それなのにここで終わりだなんてあんまりだああ!!!


 
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[33] [31] [28] [7
  HOME   : Next  »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/16 vwemgmhwzo]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
鴨屋葱子
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]